2013年12月28日

「自民党無駄撲滅プロジェクトチーム」による新国立競技場のヒアリング

衆議院議員、河野太郎氏による「自民党無駄撲滅プロジェクトチーム」の新国立競技場についてのヒアリングの様子が一部掲載されています。

新国立競技場と年金保険料の強制徴収|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
文部科学省では、新国立競技場の費用総額についての回答が得られず、27日に再度、フォローアップを行うこととなった。

ランニングコストの見積もりは、売上約60億円、経常利益4億円という数字が示された。(減価償却費は収支に含まれない)

デザインについての専門家との意見交換は今後に行われる。

可動屋根は東京ドーム同様に二重膜の折り畳み式。積雪時や強風時には屋根は開放され、イベントは中止される。

コンペの勝者には13億円が支払われるが、プロジェクトチームから、契約に問題があるのではないかと指摘した。


以下のエントリーでは、スポーツ施設の使用日数、入場者数や収支なども記載されています。
なかなか面白いですね。

新国立競技場の予算上限は1300億円|河野太郎公式ブログ ごまめの歯ぎしり
文科省からいろいろと説明があったが、とにかく最初に1300億円としてコンペを実施した以上、1300億円以上の工事費はダメだと押し返す。

資材高騰のためそれを加味して1388億円を上限とすることとして、すみやかに国費およびTOTOからの助成、そして東京都の負担分を確定させることとした。
.
.
サッカーワールドカップ会場となった10の会場の陸上競技の国際大会・日本選手権等、サッカーのJリーグ・日本代表戦等、野球のプロ野球、コンサート等による2011年の使用日数を出してみると

札幌ドーム 94日
宮城スタジアム 0日(被災)
鹿島スタジアム 20日
埼玉スタジアム 29日
日産スタジアム 29日
ビッグスワン 24日
静岡スタジアム 5日
長居陸上競技場 57日
ノエビアスタジアム 29日
大分銀行ドーム 22日

陸上競技の国際大会、日本選手権等の開催日数と入場数は

日産スタジアム 4日 42,459人
静岡スタジアム 1日 14,815人
長居陸上競技場 5日 18,360人
.
.
いずれにせよ、スタジアムを抱える自治体は億単位の支出を毎年強いられている。

ギリシャを訪問してオリンピック施設のその後を見てきた馳浩代議士より、アテネのスタジアムのその後の報告を聞き、今回のブラジルワールドカップに関するブラジル国内の反発と併せて考えると、IOCやFIFAのスタジアムに関する要求は正当なものといえるのだろうか。

IOCの要求はこうだから、というだけではなく、それがオリンピック後にどう活用できるのかを考えたうえでの施設整備でなければならない。

日本が中心になって、IOC、FIFAの要求を改善させる必要がある。

オリンピックができればよいというだけではだめだ。

このようなやり取りが公表されてなかなか臨場感があっていいですね。
しかも、IOCやFIFAのスタジアムに関する要求に関しても疑問を投げかけています。
河野太郎さん、ありがとうございます。

いずれにしても、東京オリンピックの時だけではなく、東京いや日本を代表するスポーツ施設として、見栄えが良い(派手な)だけでなく、使用者、観客が心地よい時間を過ごせるような評判が続くような施設になってもらいたいです。


2013年12月15日

新国立競技場

(Cache by Peeer.us) 東京五輪メイン会場建設、迷走の舞台裏〜変動する建設費、負担配分めぐる国と都の綱引き- 最新ニュース|MSN トピックス
 新国立競技場の建て替えについては、計画の見直しを求める声が強まっている。世界的な建築家の槙文彦氏ら有識者100人が11月7日、一部の座席を取り外し可能な仮設席とするなど規模縮小を求める要望書を、都と文科省、運営主体のJSCに提出した。これに連動して東京建築士会や日本建築家協会、日本建築士事務所協会連合会など5団体も同様の要望書を出した。建築士ら6000人でつくる東京建築士会は都内で会見し、巨大な新競技場が都市景観を損ね、防災や維持費の観点でも問題があると指摘。計画見直しに会員らを参画させるべきだと訴えた。

 作家の森まゆみ氏ら、街並みや景観の保存に取り組んできた女性10人が、「神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会」を結成。「景観を守り、日本の『もったいない』の美風を世界に訴える」とし、新設をやめて現競技場を改装して活用することを求めた。森氏は古い街並みが残る東京の谷中・根津・千駄木の地域誌を編集する傍ら、赤れんがの東京駅舎など近代建築の保存運動に携わってきた。新国立競技場の建設に、プロの建築士と普通の市民から「景観破壊」だとの声が上がった格好となった。
よい傾向だと思います。


欧州等では市民の反対によって計画された建築物が設計変更されたり建設中止になった利する場合もあると聞きます。
ドイツなどの古い街道沿いに面したマクドナルドの店舗デザインなどに見られるように欧州では昔からの街並みの風景を大きく損なう事無く都市が機能しています。
これは、欧州の人たちが長い間に作り上げた生まれ持った感覚だと思います。


予算の面からも建築規模の縮小が検討されているようですが、本当に将来のスポーツ施設として景観、外観だけでなく使いやすさ、運営面(維持費)も考慮された日本を代表する建築物になったらと思います。


本当に8万人収容のスタジアムが必要なのか。
個人的には今はそう思っています。
以前聞いた話では、屋外スタジアムの場合、ある一定規模の大きさを超えると建築費用、視線(座席からフィールドまでの見えやすさ)等のバランスが合理的ではなくなり、現在では5~6万人規模のスタジアムの建設が主流にであると聞いた事があります。
実際アメリカで比較的新しいアメリカンフットボールスタジアムの一番高い席で試合を見た事があります。そのスタジアム(Bank of America Stadium)は収容人員7万人くらいで世界で最も幅を利かせているスポーツ施設設計事務所HOK Sportsの設計にもかかわらず、フィールド上にいる選手は米粒くらいの大きさにしか見えず、スタジアムの大きさの限界を感じました。
8万人の収容数はオリンピックには必要なのでしょうが、そんな収容人数を必要とするイベントが1年に何回あるのでしょうか?
年間維持費は?
そんな事を考えると、オリンピック時は一部を仮設で作り8万人の収容数を確保しオリンピック後に5万人程度のスタジアムに作り直しするのが効率的ではと思います。
その時に屋根を開閉式に作り替えればいいのです。
敷地面積も小さくなるので空いた土地でスペースにもっと有効な施設を作る事が出来ます。地価の相当高い地域でありしかも都心で数少ない景観に恵まれた地域として100年後でも都民に親しまれる施設、場所を作ってほしいと思います。


2013年10月10日

WORLDORDERの最新動画

ダンスパフォーマンスグループ、ワールド・オーダーの最新動画が、ハフィントンンポスト(日本語版)で紹介されていました。

須藤元気率いる「ワールド・オーダー」の最新動画が「TOKYOはクールだ!」と人気【動画】
2009年に結成された須藤元気率いるパフォーマンス集団「ワールド・オーダー」の最新動画がハフィントンポストUS版で人気だ。スローモーションのパフォーマンスと上品なスーツの出で立ちが海外ではawesomeness(超カッコイイ)と評判になっている。今回の動画は新宿、秋葉原、歌舞伎座、上野アメ横、浅草寺、東京駅など、東京ならではのロケーションをバックにダンスし、最後には「WELCOME to TOKYO OLYMPIC 2020」(2020年東京オリンピックへようこそ)の文字が登場する。

ワールド・オーダーはこれまでもハフィントンポストUS版で2011年と2012年に紹介されている。今回のタイトルは「ウエルカム・トゥ・トウキョー」。US版記事のコメント欄で「ベリークール」「リアリークール!!!!」などとべた褒めの動画をチェックしよう。

日本のサラリーマンなら多分だれもが共感を覚えるんじゃないかなと思う、ワールド・オーダーのパフォーマンス。海外でも高い評価を受けていますね。
最新動画のタイトルも、「Welcome to TOKYO」となっていて、タイミング的にも結構Coolだと思っていましたが、最後の方に「WELCOME to TOKYO OLYMPIC 2020」のタイトルが・・・
オリンピック招致委員会が発注をかけたのかな?と思わせてちょっとがっかり。
「WELCOME to TOKYO OLYMPIC 2020」は必要なかったんじゃないかな?
それと、「Are We OK?」と続いて出てきますが、これは、
「Are We Cool?」だったらいろんな意味にとれてまさしく、Cool!だったと思います。

とはいうものの、通常はNYの町や無機質のバックでのパフォーマンスが多い彼らですが、日本人から見ると今回の動画はごちゃごちゃした感じに見えるんだろうけど、日本の紹介という意味で欧米人等は楽しめると思います。私かなんかは、東京駅前のシーンがすっきりして好きですが、逆に煉瓦の建物が普通な欧米人にとってはぴんと来ないでしょうね。
いずれにしても、海外向けによく出来た動画だと思います。
いつもながら、カッコいいです。


1