2012年4月 3日

台風1号の被害

南部:台風1号による死者2人、数千の家屋に被害 - [VIETJO ベトナムニュース]
 ホーチミン市捜索救助委員会および同市台風洪水防止指揮委員会によると、4月1日にベトナム南部に上陸した季節外れの台風1号(アジア名:パカー)による被害状況は、死者2人、屋根が吹き飛ぶなどの被害家屋は数千軒、更に数百本の倒木が確認されている。2日付VNエスプレスなどが報じた。

 ホーチミン市では、同台風により全壊した家屋や屋根が吹き飛ばされた家屋が約500軒、沈没した漁船が11隻、30~50センチメートル程冠水した道路が8か所あった。また、多くの樹木が倒れ、歩行者や車両の通行に支障を及ぼした。この他、東南部のドンナイ省やバリアヴンタウ省、ビンズオン省なども深刻な被害を受けている。

 なお、南部気象台は、近年の気候変動の影響により、今後数年間に亘り南部では季節外れの台風が発生し易くなると予想している。

先日の台風1号ですが、ホーチミン市だけでも結構な被害が出たようです。
死者が2名だとか。
"今後数年間に亘り南部では季節外れの台風が発生し易くなると予想している。"
というのも気になりますね。

市内にあるコンクリートの建物は問題なかったと思いますが、
郊外にある木造の建物なんかは大きな被害を受けたのでしょうね。

被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。



2012年4月 2日

台風一過までは行きませんが

昨晩上陸した台風1号(パカー)は、インドシナ半島上陸後、
熱帯低気圧になったみたいです。


昨日は、午後6時過ぎから雨風が強くなり、
看板などが飛んでしまったような音もしていました。
停電は2回ほどありました。
ただ深夜を過ぎると、雨風も弱まって来たようでした。

今朝は地面は濡れていましたが雨はすでにあがっていました。

Typhoon1204-02.jpg
きょう午後の気象衛星写真ではクモは殆ど無いように見えますが、
ホーチミン市は、午前中晴れ間が見えたものの午後からは曇りです。

今日は停電もなく、露店のオバチャンたちもお店を開いていました。
という事で、中心部の低い場所の様子はわかりませんが、
冠水はあったものの、甚大な被害とかはなかったのではと思います。
と言った所でちょっとだけ在住の方のブログなんかを覗いてみましたが、
結構台風の様子をエントリーされているブログありますね。
やはり、天気図では台風はホーチミン直撃だったので、
結構心配した人がいると思います。
市内では、停電続いたり、街路樹が折れたり、看板が落ちてきたところもあるようです。
大きな被害にはなっていない事をお祈りしています。


2012年4月 1日

季節外れの雨と思ったら、台風が上陸!

120A2556_1024bk-12.jpg
昨日の夜から降り出した雨。

朝のしとしと雨が今日の午後からは、結構強くなって来ました。
久しぶりのまとまった雨ですね。

3、4月のホーチミンは乾季の終わりでかなり暑くなりますが、
今日は気温が30℃前後、もしかしたらもっと低いような・・・。
窓を開けていると湿った空気が入ってきてかなり「寒い」と感じます。


この時期これだけ雨が長く続くのはと思いちょっと調べたら、
台風1号(パカー)というのが、まさにベトナム南部に上陸しようとしているではありませんか!

気象庁 | 台風情報:台風1号 Typhoon1204.jpg

この様子だと、明日の午前中までは雨が続きそうですね。
多分、市内のあちこちで冠水する所が出てくると思います。
川の近くの低い所はすでにかなり冠水しているかも。

結構雨風が強くなって来ました。
うちのアパートでも窓やドアがバタバタと音をたてています。
う~ん、もしかしたら結構被害が出るかも。

低い所に住んでる人は充分気をつけて下さい。


2010年8月25日

今日は久しぶりに晴れそうです

20101028_1280-10.jpg
今日は久しぶりに晴れそうです。
ここ2日程雨が多かったのは、台風が接近していたからのようです。


weather100825.jpg
ベトナム中部以南は晴れていますね。
北のほうにある雲は台風5号(MINDULLE)のようです。


weather100825-1.jpg
今回もベトナムは中部以北に被害があったようです。
被害に遭われた方々にお見舞い申しあげます。


2009年9月29日

台風16号(KETSANA)は発達しています

昨日に比べて中心付近の気圧も下っています。
最大瞬間風速も高くなっています。
スピードの遅い台風のようで、上陸は明日朝になりそうですね。

ベトナム中、北部の方はくれぐれもご注意を!


べとなむぴーぷるバナー


2009年9月28日

ベトナムに台風16号(KETSANA)が接近


マニラではこの台風で凄い被害になってますね。 被害に会われた方々へ心よりお見舞い申し上げます。
フKETSANA(台風2009,16号)により、フィリピンルソン島で相当の被害が発生しています。
被災・被害を被られた方々には、こころよりお見舞い申し上げます。
16日未明に発生した台風16号 KETSANAは、ルソン島南中部を、一日掛けて横断しました。

台風の概要や被害は、下記記事はじめニュースをご覧いただくとして、以下の点についてご注意ください。

ホーチミン市も、夕方~夜凄い量の雨でした。
ベトナムへは、明日の午後上陸でしょうか?

ベトナム中部から北部にかけてかなりの雨量が予想されるみたいです。
中部、北部にお住まいの方充分にご注意ください。

気象庁台風16号情報

デジタル台風:2009年台風16号(ケッツァーナ|KETSANA)


べとなむぴーぷるバナー


2008年8月12日

ベトナムの台風9号被害

南部のホーチミン市にいると、その被害状況はあまり聞こえてきません(多分ベトナム語のニュースがわからないと言う事が主な理由?)が、

ベトナム北部に台風が上陸してかなりの被害になっているようです。

洪水、土砂崩れで多数死亡、ベトナム北部の台風9号被害
by CNN

台風9号で死者98人、行方不明48人
by VIET.JO

ラオカイ省にある観光で有名な山岳村のサパなども交通が遮断されているようです。
動けない観光客もいるのでは?
ラオカイ省ではベトナムの鉱業の中心地でもあるようです。
これでまた、ベトナム産の燐が値上がりしそうですね。


ホーチミン市のある南部は、雨が多いと言う感じだけですが、
去年も含め、中部以北はやはり台風の通り道になっているんじゃないかなと思います。
被害にあわれた方々、お見舞い申し上げます。

こういうニュースも見かけましたが本当かな?
ベトナム、自然災害の被害で世界ワースト10
by VIET.JO
被害金額で比較しているから、はっきりと被害額が出そうにない、インド、アフリカの自然災害は、
含まれていないのでしょうね。


2008年6月 2日

ベトナムの家と地震、台風

ミャンマーでサイクロン、
中国、四川省で地震、

と続いていますが、実はベトナムでも地震があるんですね。

8日午後2時55分頃、東南部地方ブンタウ市沖約100kmを震源とする地震があった。この影響で、ファンティエット市、ブンタウ市、ビエンホア市、ホーチミン市など東南部地方の広い範囲で10秒程度の揺れを観測した。8日午後4時現在、これらの地震による被害は確認されていない。マグニチュード(M)は5.5と推定される。また同地方ではこれより早い午前0時15分頃にもマグニチュード5.1の地震が発生している。ホーチミン市を含むベトナム東南部地方では今年8月と10月に2度の地震を観測しているが、その中でも8日午後の地震が最も強く、市内全域で揺れを感じた。
ベトナムには地震がないと思われています。実は中国国境あたりでは時々地震があります。でも、山奥なので被害も知れたものであんまり騒がれません。もちろん、サイゴンでは地震のじの字も聞いたことなんてありません。でなかったらあんな貧弱なビルや家の建て方をしてないだろうと思います。

ベトナム(特にホーチミン市内)の建物は、ベトナム戦争後30年が経って、
今新しい家に建て変わっています。
これは、土地バブルで賃貸収入を期待してでもありますが、
建物の建て方は日本から比べる当然貧弱で、ちょっとした自身でも来ると、
みんな倒壊するんじゃないかなと思います。

ミャンマーのサイクロン被害は、インドシナ半島の反対側で起こった事だし、
大型の台風が上陸すれば、川の河口に発達したホーチミン市は、
浸水被害が広範囲に出るだろうと思っています。

という事で、ミャンマーや中国の災害を見ていると、ここホーチミンもちょっと何かが起これば、
同じようになるんじゃないかなと思うこの頃です。




べとなむぴーぷるバナー



2008年5月14日

NASAによるミャンマー サイクロンの被害画像比較

Nasa satellite images below vividly demonstrate the scale of the impact. The top image was taken before the cyclone hit, with land and water features sharply defined. The lower image shows the aftermath on 5 May, with much of the Irrawaddy river delta region clearly flooded.
BBCのニュースから。 サイクロンが通過したのが、5月3日。 通過後の写真は5月5日に撮影されているようです。 これらの写真を見ると、2005年に米国を襲ったハリケーンKatarinaで水没したNew Orleansを思い出します。

あの時はNew Orleans自体が無法地帯みたいにな状況になっていましたよね。 それに比べ、ミャンマーの人たちはお寺の近く等で非難生活を送っているようですが、 略奪とかは起こっていないようで、この辺は敬虔な仏教国のせいなのかとも思います。


一刻も早く、支援の手が届きますように。 以下の画像は、ユニセフのミャンマーへの募金ページにリンクしています。 Save_Burma.png


当サイトの関連エントリー: Submerged New Orleans

2005年9月 5日

ヒューストンの様子

うだるような暑さが連日続く中、シャワーも満足に浴びることができない状況下で高齢者に死亡者が相次ぐなど、避難民たちの不満はピークに達している。ドーム周辺では、被災者を名乗る一群が通行する車に物資を要求するなど、一帯の治安悪化も次第に懸念され始めた。
やはり、数万人が移動すると大変ですね。 避難生活が長引けばもっと事件が起こりそうだし・・・

そういう面では日本人は我慢強いと思います。

早期解決が出来ればいいのでしょうが。
簡単にニューオーリンズには戻れないだろうし。
難しいと思います。

ヒューストンだけの問題ではないと思います。

暴動なんて起こらないでくれ~。


2005年9月 4日

JMM最新号

地震多発国、阪神・淡路大震災の経験、ノウハウを持つ日本がもっと役に立つ事は出来ないのかなと思っています。
ただお金を出すだけじゃ、次回もただお金を期待されるだけだろうし・・・
というか今までの日本がそうだった気がします。
以下の記事を見つけました。

JMM最新号: ▼INDEX▼

  ■ 『from 911/USAレポート』 第214回
    「天災と人災」

 ■ 冷泉彰彦   :作家(米国ニュージャージー州在住)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ 『from 911/USAレポート』 第214回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「天災と人災」

↓ 記事が見れない人用に



Submerged New Orleans

約2万5000人が屋根付きフットボール場「スーパードーム」に避難していたが、同市は31日夜、バス475台で避難者の移送を開始。1日未明、第1陣が約560キロ離れたテキサス州ヒューストンの競技場「アストロドーム」に到着した。

スーパード-ムフレンチクォーターそれぞれ行った事があります。
スーパードーム、フレンチクォーター付近は歓楽街で、もともと治安が良いエリアではありませんでしたが、家などを失った人たちがスーパードーム詰め寄せたものの、電気も水もなく悲惨な状況→凄惨な状況になっているようです。
下記のリンクは、ショッキングな写真がありますのでご注意ください

The scenes of anarchy and helplessness following national disaster on the US Gulf coast has provoked a great deal of hand-wringing in the US press.

"The situation in New Orleans, which had seemed as bad as it could get, became considerably worse yesterday with reports of what seemed like a total breakdown of organised society," says the New York Times.


道路が寸断されてなかなか救援の手がうまく届かない状況にもあると思いますが、
出来るだけ早く、支援の手が届く事をお祈りします。

対策がうまく進まなければアメリカ政府に対する非難ももっと強まる事でしょう。
スマトラ沖地震の時も起こったように、どうして早く対策を行わなかったのか?という疑問も出てきているようです。

New Orleans Mayor Ray Nagin has blasted the federal authorities for failing to respond fast enough to the devastation left by Hurricane Katrina.
ニューオーリンズ市長の怒りのインタビューが載っています。麻薬中毒患者たちが武装して薬屋などを襲撃していると言う発言もあります。


[前よりも素晴らしい町を作るんだ。」と言っているBushの言葉はなぜか白々しい感じがしました。

それにもまして、以前ロスアンジェルスで起こったような町が暴徒化して治安の回復が遅れるのを心配しています。

Disaster Reliefという事は、今後世界規模で考えなければならない事のような気がします。
国連などが中心になっていけないのかな~

New Orleansの衛星写真 ハリケーン前後の比較 by NASA



1