2012年11月16日

農心ラーメン、本当に大丈夫?

(Cache by Peeer.us) 韓国の発ガン性物質検出ラーメン騒動は何だったのか? - 最新ニュース|MSN トピックス
2012年11月14日 11:00 (日刊SPA!)
 先日、近所の輸入食材屋で見かけた「辛ラーメン」(画像参照)。これって発ガン性物質が検出され、回収騒動が起きた韓国のラーメンだったような......。そんなものがなぜ堂々と売られているのか? 不思議に思い店員に説明を求めようかと思ったが、自分の記憶が曖昧だったこともあり、とりあえず帰宅して調べてみることにした。

 その結果、まず韓国の食品会社・農心が販売するラーメンやうどんなど、6種類の製品のスープから発ガン性物質である「ベンゾピレン」が検出されたと、現地メディアが報じたのが10月23日。25日には同国の食品安全医薬品安全庁が、ベンゾピレンが検出された製品の回収や行政処分などを発表。26日には日本の厚生労働省が、関係自治体に当該製品の自主回収の指導文書を送っている。

 こうしたなかで、なぜ農心の「辛ラーメン」が堂々と売られていたのか? さらに調べてみると、農心製品でベンゾピレンが検出されたのは「ノグリラーメン」4種(マイルド味・辛い味・ビッグカップ・カップ)、「えびタンビッグカップ」、「生生ウドンカップ」の6製品で、先日記者が見かけた「辛ラーメン」からはベンゾピレンは検出されていなかった。そもそも今回、発ガン性物質とされたベンゾピレンは、高温で食品を調理・製造する過程で、炭水化物、タンパク質、脂肪などが不完全燃焼した際に生成される物質のこと。国際がん研究所では1級ガン物質に分類され、人体に蓄積した場合はガンを誘発するとされているのだが、今回検出されたベンゾピレンの量は、農心の発表では普通に肉などを焼いて食べた1日の平均摂取量よりも1万6000倍も低い値なのだとか。その後、11月5日になって台湾の衛生当局が、「調査の結果、微量のベンゾピレンが検出されたが、加熱過程で自然に生成されるもので人体に害がない」との見解を発表している。

◆科学的根拠なしに回収を要請したことが混乱を助長!?

 韓国の食品医薬品安全庁が、国内で流通するラーメンやうどん製品のスープ30種を調査したのは6月のこと。農心はすぐに原材料業者を変えるなどの対策を講じたが、6月以前に製造された製品については、食品医薬品安全庁、農心ともに安全性に問題がないと判断したため自主回収していなかった。ところが10月になり、野党議員から安全性に対する疑問を指摘されメディアで報道された途端、食品医薬品安全庁が安全性には問題がないとしながらも農心に自主回収を要請。必要以上に混乱を招いたようだ。その後、食品分野の大学教授で構成された韓国食品安全研究院から、「科学的根拠がないまま、食品医薬品安全庁が製品を回収させたことは非常に性急な対応だった」と批判の声も上がるなど、食品医薬品安全庁の対応の悪さが目立った。

 なお同院によれば、「今回検出されたベンゾピレンは、サムギョプサルを焼いて食べる際に摂取するベンゾピレンの量と比べても非常に少なく、人体にほとんど害がない」そうだ。

 また、今回ベンゾピレン検出を指摘された製品のうち、日本に輸入されているのは「ノグリラーメン(辛い味)」と「ノグリラーメンカップ」。農心は、この2種類のラーメンは安全性に問題はないとしながらも「ノグリラーメン(辛い味)」は自主回収している。

 数日後、輸入食材屋の店員に今回の影響を聞いてみたところ、騒動直後にはやはり「農心のラーメンを販売して大丈夫なのか?」と、お客に聞かれたことがあったそうだ。 <取材・文・撮影/日刊SPA!取材班>
韓国、農心ラーメンの発癌物質問題。

一応このニュースでは大丈夫だったと言う話ですが・・・

このデータって本当なんですかね?

中国と同じで韓国も自分たちの国益の為にはメディアも含めて自分たちのしている事を正当化する国なので・・・

「ピンチはチャンス!」 、名前を覚えてもらえる絶好の機会!なんて考えて堂々と販売してないですよね?

まあ、韓国ラーメンを食べないで困る事は普通はないから、
何かあったらの為に控えておく方がいいかなと考えています。
発癌物質なんかどんなに微量でも体の中にない方がいいですから。


2012年10月31日

韓国農心ラーメン、ベトナムでも回収へ

(Cache by Peeer.us) 韓国のインスタントラーメンから発がん性物質、越でも回収へ - [VIETJO ベトナムニュース]
2012/10/31 16:35 JST配信 121030023658.jpg
 韓国食品医療安全庁(KFDA)はこのほど、韓国の大手食品メーカー「農心」が販売するインスタントラーメンから第1級発がん性物質ベンゾピレンが検出されたとして、商品の回収を発表した。これを受けて、ベトナムでも商品回収の動きが出ている。28日付カフェエフが報じた。

 既にマキシマークやロッテマートなどが同社商品の回収を始めている。農新のインスタントラーメン6種類を販売していたマキシマークは、全ての商品から発がん性物質が検出されたわけではないとしながらも、6種類全ての回収を発表している。
 農心は「辛ラーメン」などで日本の消費者にもお馴染みの食品メーカーだ。日本でも同社商品の「ノグリラーメン」の回収が報じられている。
 発がん性物質ベンゾピレンはスープ粉末(かつおだし)に含有されており、検出された値は最大4.7ppbに上った。ベンゾピレンは胃がんや肺がんなどを引き起こす恐れがあるほか、妊婦が摂取すると奇形児が生まれる可能性があるという。
ベトナムでもようやくニュースになりました。
このニュースの文面だけでは、ベトナムの監督官庁が動いた訳ではなく、
韓国食品医療安全庁(KFDA)の回収発表を受けて
スーパーが自主回収をしている状況のようにも見えます。
食の安全問題が国際的に広がり、新興国でも回収の自体に陥っていると言う事ですね。


まあ、ベトナム国内のメーカーの話であれば、発癌物質が入っていても、
ダマテンで販売してるんじゃないかな(笑)

ただ、ベトナムで大きなシェアを確保している日系の
エースコック(ベトナムでは、VINA ACECOOK)社は、
絶対にそんな事してもらいたくありませんね。


2012年10月27日

韓国インスタントラーメン、発癌物質で回収命令!!!

(Cache by Peeer.us) 韓国・農心のラーメンに発がん物質、日本・台湾で回収命令 - 最新ニュース|MSN トピックス
農心(ノンシム)のインスタントラーメンから発がん性物質が検出されたことを受け、波紋が海外に広がっている。台湾保健当局が直ちに回収命令を出したのに続き、香港などでも回収要求の動きが出ている。

台湾行政院衛生署は25日、「ノグリラーメン」などベンゾピレンが検出された農心の製品に対して回収決定をしたと明らかにした。ただ、ベンゾピレン検出量は微量であるため、強制回収措置は取らないことにした。台湾の大手スーパーも関連製品を陳列台から回収している。

香港では立法会議員が回収措置を要求した。ジェームス・ト・クン・ソン議員は25日、「韓国が回収命令を出したのなら香港もこれに従わなければならない」として回収を要求した。

中国ではこれが「辛ラーメン」に飛び火した。上海放送局の東方衛視は「韓国の辛ラーメンから発がん性物質検出。国内で販売中、まだ回収措置取られず」という記事を出した。共産党機関紙の人民日報も辛ラーメンなどの製品から発がん性物質が検出されたと報じた。問題になった製品には辛ラーメンが含まれていないが、農心の代表商品ということで混同が生じたとみられる。しかし中国で流通する製品は現地の工場で生産されるため、韓国の製品とは違う。

日本メディアも敏感に反応した。テレビ朝日は26日晩のニュースで、厚生労働省の関係者の話を引用し、「厚生労働省も輸入会社に対し、日本国内で流通するノグリラーメンを回収するよう指示した」と報じた。

すでにニュースになっている韓国・農心ラーメンの発癌物質混入による回収命令。
今日は、日本台湾でも回収命令が出たそうです。
「強制回収措置は取らないことにした。」と言うのが台湾の処置
「厚生労働省も輸入会社に対し、日本国内で流通するノグリラーメンを回収するよう指示した」
と言うのが日本の処置。

ノグリラーメンは、数年前にアメリカ駐在中に何度か食べました(笑)
辛ラーメンは、イギリス駐在中に何度か食べました(爆)

いずれにしても、
自主回収と言うレベルではないので、気をつけましょう。

ベトナムではニュースになっているのかわからないのですが、在越の邦人の方は食べない方がいいと思います。


取り急ぎ代表的な農心ラーメンの外観は、以下です。

noguriramenn01.jpg
一般的に出回っている、ノグリラーメン(袋詰め)

24965-1s.jpg
8801043270656_441_1.jpg
辛ラーメン。
上が袋麺、下がカップ麺。



2012年7月30日

ホーチミンにあったピョンヤンレストラン

韓国人よ、美人ウェイトレスにご用心!海外の北朝鮮レストランはスパイの拠点―韓国紙 - MSN トピックス
2012年7月23日、韓国紙・中央日報は、海外で経営されている北朝鮮レストランがスパイの拠点になっていると報じた。

ある韓国企業の中国駐在員は接待のため、しばしば北朝鮮レストランを利用していたという。ある時、顔なじみになったウェイトレスが「個室を使う時は話す内容に注意してください」とこっそり教えてくれたという。思えばそのレストランを訪ねるといつも特定の個室に通されるなど怪しいところがあった。

昨年9月にはネパールで北朝鮮レストランのスパイ行為が発覚している。脱税容疑で捜査したところ、コンピューターから韓国人来客者の身分と会話内容を記録したファイルが発覚した。

スパイ活動は盗聴だけではない。北朝鮮政府が経営するレストランは美人ウェイトレスぞろいで有名だが、色仕掛けが使われるケースもあるという。韓国当局は北朝鮮のスパイは情報収集だけではなく、要人の拉致や暗殺も行うケースがあるとして、海外旅行する韓国国民は注意するべきと呼びかけている。(翻訳・編集/KT)
各国にある北朝鮮レストラン(又はピョンヤンレストラン)は、スパイの拠点になっていて、 綺麗な女性の色仕掛けも使ってスパイ活動をしていると言うニュース。


2、3年前までホーチミン市にもピョンヤンレストランが空港近くにありました。
行かれた在住の方も多いと思います。

DSCF5514_1024-12.jpg


続きは2008年に撮影した写真です。



1